記事詳細ページ

ナッチの進路カレッジ

「ナッチの進路カレッジ」命名の由来は、主宰者「鈴木奈智子」の名前をもじったものです。「奈智子(ナチコ)」のネーミングは熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町)の別宮、飛瀧神社のご神体として人々の畏敬を集めている、「那智(ナチ)の滝」にあやかったもので、主宰者の父母が命名したそうです。熊野那智大社は、諸願成就の神として崇められていることから、「ナチの滝」と「ナチ子」を合体し「ナッチ」と愛称し、「ナッチの進路カレッジ」に属する全ての人の諸願成就を祈念して命名されたものです。

 

 

  1. ナッチ(学院長)のプロフィールはこちらからご覧いただけます⇒こちら
  2. ナッチ(学院長)の指導実績はこちらからご覧いただます⇒こちら
  3. ナッチの進路カレッジはこちらからご覧いただけます⇒こちら

          ※ 学院長の講義風景が2015年3月18日のNHKで放映されました。

 

             学院長ナッチのある講演から

  

2学年保護者進路学習会
日 時12月13日(土) 午後1時より
場 所 本校多目的ホール
講 師 螢瓮襯 キャリアカウンセラー 鈴木奈智子氏
テーマ 進学・就職の進路について〜 子どもの進路とどう関わるか〜
※ 鈴木先生は、10月23日(木)、2学年生徒の進路学習会(裏面参照)に続いての講演。
※ 当日は学級懇談会、通知表配布予定。万障繰り合わせの上ご参加ください。


2学年進路学習会
日 時 10月23日(木) 5〜6校時
場 所 多目的ホール
講 師 株式会社メルサ キャリアカウンセラー 鈴木 奈智子氏


◇講演から
・私の高校時代、進路がなかなか決まらなかった。うまくいかないのが普通である。
・修学旅行では、沖縄の社会、現在、数えきれないいろんな仕事人を見てきてほしい。
 それらを進路への気づきにつなげてほしい。
・進学・就職とも3年生の一学期の成績までの評価となる。 就職では、あまりにも学力不足の傾向があるた    めに、学力試験実施の企業が増えている。
・自分の将来、親ごさんとも納得のいくまで話し合うこと。
・自分で選んだ道か?
・仕事−楽ではない。苦労の先にお金がもらえる。
・何が大事か。→自己理解(自分のことを知る)。自分の興味・関心・好きなことを知る。
 職業理解(仕事について知る)。どんな仕事があるか。
・進学のための準備⇒進学先の研究・学校研究
→設置学科の内容、資格、学費、就職状況、オープンキャンパス等
・就職のための準備⇒就職先研究
→志望企業の詳細確認、求人、職種の確認、企業選択、インターンシップ 、職場見学など
・面接で重視されるポイント→自分と希望校(企業)の求める人材像との重なりが広いほど入学(採用)の可能性に近づける。
・企業が求める能力.灰潺絅縫院璽轡腑麈塾廊基本的な生活態度人柄・パーソナリティー
・面接での第一印象 仝た目(55)% 声 (38)% Eえの内容 ( 7)%

 

◇参加者の感想から

◇ 「今回の進路学習会で、進路についてはまだいいとかと、特に何も考えずに過ごしてきましたが、今日話を聞いて、来年になってから考えるのではなく、今のうちから考えることが大事だと思いました。」(1組 女子)

 

◇「 今、進路について悩んでいる中、鈴木奈智子先生の話は参考になり、ありがたかったです。企業や学校で面接を受けるためには、どのような姿勢で臨んだらよいのかとても勉強になりました。」(1組男子)

 

◇ 「鈴木さんの話を聞くまで、何をどのように頑張ればいいのが不安だったけど、今日からでもできることが見つかったのでとても安心しました。」(2組女子)

 

◇「社会に出ていくための大事なことをたくさんいって下さいました。そのお話の中で特に大事だと思ったのが、自己PRとコミュニケーションです。まず、自分の長所と短所を知り、それを相手に自信を持って話せるようにすることと、将来人とかかわっていく中でとても大切なことだと思いました。」(3組女子)

 

◇ 「今日の話を聞いてみて、これからする事、やる事について積極的に考えていこうと思いました。大事な のは、自分がどこまで価値がある人間か見極めるべく、もっと自分を見つめなおし、社会にとって必要とされるように、これからも日々努力して社会の役に立ちたいです。」(4組男子)

 

2015.02.19
このページの上へ